No.24 69年11月25日「第二の放火」関連 投稿者:過去ログより・・・ごんべ 投稿日:2005/07/03(Sun) 09:55 [返信]


このスレはご記憶されておられる方の多い
下記の1シリーズの記憶を語りあうスレです。

1969年11月25日(火) 「第二の放火」
1969年12月2日(火) 「口笛を追え」
1969年12月9日(火) 「深夜の電話」

よろしくお願いします。



No.25 、消防車好きの工員さんが冤罪で 投稿者:過去ログより・・・ごんべ 投稿日:2005/07/03(Sun) 09:56


[117] 02/10/03(木) 18:34 hoge
初めてカキコします。東京在住の男性です(S35年生)。NHK「五人と一匹」は
当時小学生の私にとって、お気に入りの番組でした。
たった一つ、ストーリで覚えているのは、消防車好きの工員さんが冤罪で放火
魔として捕まってしまうものでした。マッチで作った消防車が持ち道具で出て
きた記憶があります。また、放映終了後、中学生日記(ここのところが記憶
に定かではありません)にミッチ役の女優さんが脇役で出ていたのを見た時に
にテーマといっしょに暫く忘れていた当番組を思い出しました。

五人と一匹♪五人と一匹♪脇目もふらずに GO GO GO!



No.26 名古屋の千種消防署にロケにいった記憶 投稿者:過去ログより・・・ごんべ 投稿日:2005/07/03(Sun) 10:01


[118] Re:hogeさん 02/10/03(木) 21:31 チュウ君
>hogeさん 
初めての書き込みありがとうございます。
お気に入りの番組だったそうでとてもうれしいです。
非常に断片的ですが、消防車好きの人が出た話は覚えています。放火犯に間違われたかどうかは記憶になくて・・すみません。
でも、名古屋の千種消防署にロケにいった記憶があります。多分そのシリーズだと思いますね。

放映日でみると1969年11月25日「第2の放火」あたりでしょうか?

また訪問まっていまーす。



No.34 火の用心と町を拍子木で歩くシーン・・ 投稿者:過去ログより・・・ごんべ 投稿日:2005/07/03(Sun) 11:54


[278] はじめましてその三 02/12/29(日) 05:14 鴨志田智啓
10月のhoogeさんの書き込みで、放火のえん罪事件は、チュウくんのお察し通り12月16日間で放送していた。こわれた目覚まし時計の時です。ふくちゃん・てっちゃん・チュウくんが火の用心と町を拍子木で歩くシーン本当に寒そうに歩いていたのをおぼえています。お話は、消防車好きの風吉が、いつも食事をしている「まんぷく食堂」で、テレビ中継に出た。消防車が火事を消すのを見ても興奮するのですが、不謹慎だからということで、女性の従業員がテレビを消すシーンからはじまります。その夜フクちゃん家のホームズの家が火事で全焼しました。フクちゃんのお父さんとお母さんは必死でバケツに水をかけていました。その時消防署にも連絡していたのを忘れていて、消防車が出動していました。消防車が見ていると風吉は「走れ走れ」と興奮して見ているのを覚えています。ホームズの家を消したのはよかったのだけれども消防に連絡していたのをすっかり忘れていた。フクちゃんのお父さんとお母さん。消防車のサイレンを聞いてしまったと思っていました。その時「まんぷ食堂のマッチ」を拾い犯人が風吉ということで、捕まってしまいます。しかし、犯人は彼ではなかったです。じつは、こわれた目覚まし時計ですがその後、風吉の住んでいるアパートが、風吉が犯人ということで住人が一人また一人と去ってしまい、とうとう住人は風吉一人となってしまいました。その時大家がこの様に、いいます。「もし、電話が鳴ったら私の部屋を空け受話器をとれ、もし停電したならろうそくに火をつけて明るくしろ」というセリフ残して、大家は出ていきます。ここが問題なのです。その時風吉は受話器が落ちた拍子花瓶の水がこぼれたので、ろうそくの火で消そうとしたら、急に火が引火します。急いで、マッチでつくった消防車を抱えながら逃げていき、その時火の用心で見回りに来たフクちゃん・てっちゃんとフクちゃんの父親に助けを求めるシーンを覚えています。結局アパートは全焼し犯人は、風吉ということになっていたのですが、この時フクちゃんたちはなぜが大家に不審を抱きます。それがこわれた目覚まし時計で、つまり電話は鳴っていなかった鳴ったのは目覚まし時計だ。ドアが開いたときに上のブレイカーが自動的に下がるように仕掛けておき、花瓶の水は、チュウくんが叫んだのを覚えています。「花瓶のは、水じゃなくてガソリンだったんだ」犯人は、大家だったということがわかりました。その大家役ですが、銀河テレビ小説の「やどかりは夢を見る」でも出演した。天野有恒さんです。結構芸達者の人が出ていますね。



No.66 風吉自身もマッチ棒ではしご車を作る器用な・・ 投稿者:過去ログより・・・ごんべ 投稿日:2005/07/03(Sun) 13:37


No.217
夏風さんそれは
投稿者---鴨志田智啓 (Thu Jun 30 01:41:46 2005)

こんべさんご無沙汰していました。実をいいますとパソコンが、旧式だったので、サイトにたどり着けなくなり、先日新しいパソコンを買い換えたところでした。ようやくたどり着けましたので、書きこまさせていただきます。
夏風さん・・・それは、おそらく昭和44年(1969)11月12日から12月16日にかけて放送された回ではないでしょうか。かつて、この作品ついて書き込んだことはあったのですが、夏風さんが覚えていたのは、導火線ではなくて、花瓶の中のガソリンが引火したシーンではなかったかと思うのですが、それは12月9日に放送された。「深夜の電話」のシーンではないかと思います。この回の内容を簡単に解説しますと。
消防車好きの風吉(ふうきち)が、放火の犯人と間違えられるところから始まります。ホームズの家が火事で焼かれるところですが、風吉自身もマッチ棒ではしご車を作る器用な腕もありました。しかし、風吉の住んでいたアパートの住人は、犯人と一緒に住むのはと敬遠しどんどん引っ越してしまいます。とうとう風吉だけとなってしまいました。アパートの大家(演じていたのは、天野有恒さんです。銀河テレビ小説の「ヤドカリは夢をみる」・中学生日記にも出演していました)が、こんなせりふをはきます。もし俺の部屋(大家)の電話が鳴ったら、部屋のドアをあけて電話を取れ、もし停電になったらろうそくで照らせといった内容だったと思います。本当に電話が鳴り、停電して、ろうそくに火をつけ明かりを照らそうとしたら火事になったということでした。つまりそれは、風吉を犯人に仕立てるために大家が仕組んだ罠だったのです。それを解決したのは五人といっぴきの仲間たちだったのですが、詳しいことは過去ログを見てください。もし違っていたらごめんなさい。夏風さんのはそれではと思うのですが、どうでしょうか。
何せ私も、記憶を頼りに書き込んでいますので、間違いが多々あると思います。このときは、小学校の1年生の記憶で心もとないのですが、よろしくお願いいたします。
ごんべさん・・・アーコさんも書き込んでくれたのですね。いずれ皆さんとお会いできればと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。



No.67 マッチ棒の消防車、ありましたよね・・・・ 投稿者:過去ログより・・・ごんべ 投稿日:2005/07/03(Sun) 13:38


No.218
マッチ棒の消防車
投稿者---マーヤ (Thu Jun 30 08:32:46 2005)

鴨志田さん!お久しぶりです。
全然お見えにならないので、どうされたかと思ってました。
何しろ1番記憶していらっしゃる方ですから。

マッチ棒の消防車、ありましたよね。
何と言うか・・・風吉はちょっとお人よしというか
おつむが弱いって言うか、そんな感じでしたよね。




 


Powered by WebSpace